【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた|日本中が抜いた

待ちに待った

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた

ついに配信される!

エロ半熟ボディの沢村秋子


 

ファンがまだかまだかと心待ちにしていた、【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませたが先日BookLive !コミックさんから配信され始めました。

 

前評判からすごいものがありましたが、配信から一週間ほどたった現在11月4日も飛ぶように売れ続けているようです。

 

これだけ多くの人の心をとりこにしてしまうチンジャオ娘の正体とは?

そして今回の最新作【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた、の最新情報をこちらのブログで更新していきたいと思っています。

BookLive!コミックの独占配信
  • 【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませたはBookLive !コミックでのみ購入することができます。
  • BookLive!コミックはオトナコミック以外にもTL、BLなど多数のジャンルから本を読むことができます。


 

 

始めまして。

当ブログをご訪問していただきありがとうございます。

私、このサイトの管理人の朋美と申します。

趣味は、大人のエロ漫画を読むことです。

ちなみに私の愛用する配信サービスは『BookLive!コミック』さんです。

携帯に保存しておけば好きな時にどこででも読める気軽さが良いですね。

電車での移動中でも携帯でエロ漫画を読んでいますが、たまに後ろから覗き込まれている視線を感じます。(笑)

みなさんも、エロ漫画を電車で読まれるときは気を付けてくださいね。

 

チンジャオ娘の最新作はもう読まれましたでしょうか?

私は配信される予定日の0時からちらちらチェックしてました。そして配信されると同時にポチっとしてしまいました。

このブログでは、【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた のあらすじ、見所・感想とBookLive!コミックの公式サイトを詰め込みました。

是非、ご購入前の参考になればと思っております。

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませたを読んで欲しい人

  1. 巨乳好きの人
  2. 新品の処女が好きな人
  3. 年上のお姉さんに可愛がられたい人
  4. 内緒でするオフィスラブが好きな人

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた のあらすじ

田中は社会人二年目の男性社員。

田中には34歳の女上司が直属にいる。

その上司の名前は沢村秋子。

沢村はそこそこ美人で、巨乳の持ち主だ。

普通にしていたらモテそうなタイプだろう。

が、沢村の男勝りの性格と、男に興味がないのでは?という態度のため男性社員から敬遠されている。

そして現在も未だ独身だ。

沢村は陰で、「行き遅れBBA」と呼ばれている。

毎日のように沢村に怒られている田中も、よく一緒になって言っていた。

とある週の金曜日、会社の女子社員が寿退社をするということで、飲み会が開かれた。

その社員は、佐藤という女性で現在26歳だ。

田中はふと、佐藤さんくらいの歳で身を固めるのが普通だよなあと考えた。

すると他の席では、部長が女子社員に、良い店ができたから今度一緒に行こうと口説いている。

毎度のことで、部長はスケベオヤジだ。

そこに沢村が毅然とした態度で現れた

沢村は

奥様には秘密のお店かしら?と嫌味を言い女性社員を部長から救ってあげる。

その様子を見ていた男性社員たちは、

やるぅ~と行き遅れBBAの事を言った。

一次会も終わり、明日彼女と久し振りにデートする予定の田中は切り上げる。

電車を待ちながら明日の事をかんがえていると、彼女からメールが届いた。

まさかの、明日のデートのキャンセルのメールだ。

がっかりする田中。

すると、田中の後ろから田中を呼ぶ声がした。

振り返ると、沢村が立っている。。

バ…?!さ…沢村さん?!

…ば?

そして二人は二人きりで飲みなおしに行くことになった。

田中にとって、沢村との初めてのサシ飲みは意外にも楽しく2件3件と2人ははしごしていく。

酔いが深まるにつれて、打ち解けてくる沢村。

いつも会社の中で見せている沢村の怖い面以外も見えてきた。

沢村は言う。

私だってねぇ

昔はモテたのよ…

プロポーズされたことだってあるんだから…。

でもその頃仕事が一番楽しかったから、恋愛にかまけてる暇がなかったと。

 

だから、行き遅れたんじゃなくて行かなかったのだと

沢村は部下が自分のことを陰でどのように呼んでいるのかを知っていたのだった。

焦る田中は誤って沢村の胸元にお酒をこぼしてしまう。

沢村の巨乳に着けられたブラジャーが透けて見える。

田中は思わず視線が沢村の胸に釘付けになってしまった。

そして思わずむ 胸 でかいっすねと言ってしまう。

沢村は少しイラっとして手で胸を隠した。

そして自虐的に

こんなの…

見てもつまらないでしょ…!?

行き遅れの

お…おばさんの胸なんて

すると、田中は必死に否定した。

俺 デカいの好きですから?!

そのあたりから二人の雰囲気が変わってしまう。

二人は店を後にして、一緒にタクシーで帰ることにした。

タクシーの中での、気まずい沈黙。

と、田中が酔って一瞬クラっとなってしまう。

それを心配した沢村は田中に

ウチで少し休んでいく?と聞いた。

ドキっとする田中。

田中はあっさりと沢村の家に上がるが、沢村が田中を家にどうしてあげてくれたのか困惑している。

沢村はお水を用意している。

田中は沢村のムチムチした身体を見た。

その瞬間、田中のオスの本能に火が付いた。

田中は沢村の上に覆いかぶさる。

こんなことはダメだと言いかける沢村の唇を自分の唇でふさいだ。

田中は沢村の顔を見て思う。

やれる

そしてまた激しくキスをした。

田中も沢村も裸になってしまう。

二人とも身体の準備もできて、田中がついに自分のチンポを沢村の中に入れようとしたその時、沢村が明かりをつけてほしいと言った。

そして、田中に自分は処女であると告白した。

田中は沢村のその言葉に余計に興奮してしまう。

主任の初めて、俺に下さい!

そういうと、沢村の処女を奪ってしまう。

田中が自分のチンポをマ〇コに入れた瞬間、田中はそのマ〇コの気持ち良さに、感動する。

入れた瞬間カラミついて、まるで絞り取られるかの様な感覚。

こんな気持ち良いマ〇コ初めて…。

田中は激しく腰を沢村に打ち付けた。

そして田中は抜かずに二回戦もする。

?!陥没乳首だと…?!

エロすぎだろ。

田中は大興奮し、必死で腰を振った。

田中は絶頂に悶絶した。

その夜は田中はゴムがなくなるまでヤり続けた。

…ゴムがなくなってもヤリ続けた。

そして田中がそろそろイこうとしている時、自分に外で出すようにチンポを抜け!と自分に言い聞かせるが、気持ち良すぎて腰が止まらない。

マ〇コが最高過ぎて

腰が…止まんねー

今ならまだ間に合う

俺…抜け!!と自分に言うが腰の動きが止まらない。

そして田中は処女マ〇コに中〇してしまった。